スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村民対象衛生講座を実施しました

2008-03-22-Sat-21:45
本日は、村民対象衛生講座です。本日のテーマは、「歯みがきと虫歯予防の大切さ」

3月25日から始まる麻疹の予防注射キャンペーンの準備のために、郷の衛生員は大忙しで、本日は残念ながら欠席です。

参加者は通常よりも多く、約40名でした。

まずは3年生全児童による発表です。
2週間の練習の努力が実り、両親や村民の前で大きな声でしっかりと、歯みがきの大切さを説明することができました。
変換 ~ RIMG0156

安定した発表をする土比日作。(後ろは、見守る2名の小学校教師)
変換 ~ RIMG0125

難しい標準語も頑張って発表することができた俄木里色。

2年生も熱心の先輩の発表に聞き入っています。
自分たちの毎日の歯みがきの大切さを再確認できているかな?
変換 ~ CIMG1207

歯みがきの実際の方法では、実演説明も行いました。
変換 ~ RIMG0133

村民たちも、児童の頑張りに拍手を送り、熱心に聞き入っています。
変換 ~ RIMG0138

この小学校の卒業生の土比阿黒、土比阿果も参加しています。
変換 ~ RIMG0142


一番大きな拍手をもらったのは、俄木尓格。ジェスチャーを交えて、大きな声で発表できました。
変換 ~ RIMG0136


今回の発表の練習の際、どうしても上手に発表できない生徒がいました。
馬海日黒です。
学校の先生からも、当初からちょっと無理かもしれない、と言われていました。
おとといの練習では、他の児童らにも笑われてしまい、うつむきますます声が出なくなってしまう始末。昨晩は6時まで学校で先生からの特別レッスンを受けていたといいます。

本日の朝、衛生講座の前に学校を訪れてみると、他の児童らが遊びまわっている間、日黒は教科書の裏に、自分の台詞を書いて、何度も唱えていました。
変換 ~ RIMG0119

聞かせてもらうと、とてもすらすらと言うことができています。
投げやりにならず、前向きに頑張り、格段に上手になっている日黒に、感動です!

度重なる練習で自信がついたのでしょう。
本番でも、大きな声で堂々と発表することができました。

自信は努力からこそ得られるものだ、と日黒が教えてくれたように思います。

その後元CDC(疾病予防コントロールセンター)スタッフの張さんが、再び歯みがきの説明をしてくださいました。
変換 ~ RIMG0158


そして、日本から寄付していただいた子供用歯ブラシを、入学前児童に配布しました。
両親や、兄姉にあたる児童に、個別に指導し、入学前からの歯みがき実施を促します。
変換 ~ RIMG0166


本日の講座を終えて、児童に学校での衛生教育の普及の役割を担う手法は、村民の興味を引きやすく、また、児童の理解を深めることもでき、高い効果を得られる可能性をもっているのではないかと感じました。

今後も、より多くの村民がよりよい健康を得られるように、衛生教育の方法を模索していきたいと思います。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: