スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.学費援助

2005-01-12-Wed-16:50
皇崗小学校には、2004年当初6歳から13歳までの20人の生徒がいました。しかし年齢、学力にばらつきのあるこの生徒達を先生1人が教えている為、全ての子ども達が3年生の内容を勉強しているという現状がありました。また、カリキュラムも予定通り進まず、学習効果も決して高いとは言えませんでした。

その為、この学校に通っていても上の学校に行ける学力がつくわけではなく、「それなら家の仕事をさせたほうがいい」と考える家族も多数あり、親が山羊や豚等の家畜の放牧、山や畑での仕事手伝わせる為に、子ども達を休ませるような状況がよく見られました。

村人の学校に対する期待も少なければ、そこで教える教師のやる気もそがれ、さらに村人の関心も低くなるという悪循環が存在しているように思えました。そして、その悪循環を少しでも改善する為、また子ども達や親に希望と積極性を持たせる為に、この学校の生徒を対象に就学補助を実施することにしました。

生徒選考には担任の他に、涼山州民族中学校の先生にも参加して頂きました。家庭訪問で本人や家族の就学に対する意識の確認を行い、学力、性格、年齢なども考慮し、今回"海来拉土"と"土比阿甲"の2名に決定しました。

2004年8月末、彼らは昭覚県の中心にある昭覚県東方紅小学校2年生に編入し、親元を離れての寮生活を始めています。現在彼らは非常に真面目に、一生懸命に勉学に励み、かなりいい成績を収めています。小学校卒業までの援助は引き続き行い、成績如何によってはその後の進学の援助も視野に入れて、今後の彼らのサポートをしていきたいと考えています。

zp_katsudou16.jpg


zp_katsudou17.jpg

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: