スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼山・西昌訪問記(3日目 皇崗小学校へ)

2008-09-01-Mon-23:47
<皇崗小学校へ>
徳昌で看護師の協力隊員をなさっている工藤さんと合流し、皇崗小学校へ向かいました。自己紹介をしてびっくり、なんと工藤さんは僕の勤務校の隣の学区の幡羅中学校の卒業生なのです! 奇遇ですねぇ…。今は夏休みなので子供たちの様子を見て、先日撮った写真を渡しに行くことになっていました。その前に衛生検査のときお世話になった中心小学校の近くの保健師さんにお礼に行くことになりました。4年生以上の子供たちは中心小へ通います。家の遠い子たちは学校の中で寮生活です。途中の山道は緑がとってもきれいでした。中心小への道は恐ろしいような山道でした。保健師さんはお留守だったので、中心小を見てから大石頭村へ戻りました。子供たちは午後は羊の放牧に行っていて、あまり会うことはできませんでした。でも会った子たちは元気いっぱいです。工藤さんがちゃんと手を洗っているかなどを聞いていましたが、どうも答えはNoだったようです。村の中心に水道が引かれていて、おばあさんがそこでジャガイモを洗ったり、子供が水を汲んで家へ運んだりしていました。この水道はごくごく最近できたらしく、小林先生も驚いていました。村には4年前に見学した苗の試験場があります。今も何かを栽培しているらしくビニールハウスが並んでいますが、建物がなくなり雑草が広がり、なんだか寂しくなりました。
大石頭村3
大石頭村2
大石頭村1

<きのこ鍋>
ホテルへ戻り少し経って荷物が届きました。熊谷名物の五家宝を渡しました。工藤さんが喜んでくれました。夕食は4年ぶりのきのこ鍋です。いろいろな出汁が効いていて美味しいかったです。店はお客でいっぱいでした。新製品の清涼飲料水を飲みました。なにやら煎じ薬を甘くしたような感じの味でした。
きのこ鍋1
きのこ鍋2

<夜の大通門>
ケーキ店でお土産のお菓子を買い、夜の大通門へ行きました。ライトアップされてとてもきれいでした。大通門から東門の方へぶらぶら歩きました。李先生は中学校時代に親元を離れてこの近くに下宿していたそうです。このあたりの古い街並みも急激な開発のためにそう遠くないうちに取り壊されるだろうということでした。非常にもったいない、風情ある街並みを大事に残してほしい、とは思うものの、そこに住むみなさんには生活の便利さは切実な問題でしょう。無責任なことは言えません。みなさんはこの後、阿蘇先生の弟さんと飲む約束があるということで、ホテルで別れました。僕はもちろん荷物の整理です。
夜の大通門1
李先生、工藤さん(写真左 青年海外協力隊)と
夜の大通門2

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: