スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村を訪問しました

2008-01-17-Thu-21:42
1月上旬から、冬休みに入っている子供達。
本日は、子供達、そして村民の方々の休暇中の様子を見に行ってきました。
変換 ~ お正月篇、山の学校060

本日の訪問は午後の3時ごろ。
多くの3年生は、ヤギを放牧しに行ったり、薪をとりに行ったりして、家に不在でした。しっかりと労働をしている子供達。頭が下がります。

2年生の子供らは遊んでいる子も。
以前に紹介したわんぱく次男の馬海日吉の姿も!刀ごっこに夢中です。
変換 ~ RIMG0015

彝族語の通訳は、民族中学と農業学校合同日本語クラス学生の蘇さんです。蘇さんのお陰で、村民との交流が可能になります。
変換 ~ お正月篇、山の学校021


各家庭にトイレはなく、家の周りが自然トイレとなり、その土を肥料として利用しています。農産物は、じゃがいも、そば、土地によってはとうもろこしなど。米は生産できないために、お金がたまったときに郷の中心まで行って買うそうです。
この地域の村民は、郷政府から各家庭への毎月150元の生活費の補助があるようです。
変換 ~ お正月篇、山の学校045


李来日哈のお家にお邪魔しました。
じゃがいもや、大根のようなものが大量に保管してあります。じゃがいもは彼らの主食です。
変換 ~ RIMG0013

そして、JICA造林プロジェクト作成の2007年度カレンダーと、隊員が作った誕生日カードが丁寧に飾ってありました!われわれ日本人と村民がつながっているようで、嬉しいものです。
変換 ~ RIMG0012

李来日哈のお父さん。突然の訪問を笑顔で迎えてくれました。
変換 ~ お正月篇、山の学校018


死んだように眠る4匹の黒豚。黒豚は、白豚よりも高級です。
変換 ~ RIMG0023

犬の親子。村民と一緒に歩いていれば、番犬に咬まれる心配もありません。
変換 ~ RIMG0014


4時過ぎには、曲木衣黒・衣哈兄弟のお母さんが薪刈りから帰ってきました。
変換 ~ RIMG0028


村への訪問は子供らの別の一面が見られます。また、村民の方々の暮らしぶりを見させていただき、また一つ理解が深まったように思います。毎回、温かく迎えてくださる村民の方々のやさしさに感謝です。また5年間に及ぶ涼山会メンバーの定期訪問、活動による信頼関係の絆でもあります。

次回は再来週の午前に訪問予定です。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: